FC2ブログ
こちらは、主に素直でクールな女性の小説を置いております。おもいっきし過疎ってます
創作中の作品未分類黒服日記(不定期)素直クールリンク集物書きリンク集ブログ案内思ひで作品みかん水桜。短編作品中編作品長編作品作品案内アイマス記事RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

海に浮かぶ空

「海が見えるよ、空」
「そうだな。心が洗われるようだ。」
「ああ……」
 オンボロ車の屋根に僕らは居る。ベキベキと音をさせながら、グリーンの屋根に、空と二人で海を見る。
 草むらの下り坂を過ぎると、そこには真っ白な砂浜とエメラルドグリーンのとても大きな水溜り。
 横に座る空の髪は潮風に流されて、時々指で髪をかきあげる仕草は、とても素敵で綺麗だ。
 コレといって着飾らない空は、白のシャツにベージュのカーデガンを上に合わせて、デニムのロングスカート。高校から履いているクリーム色のスニーカーが、少しだけ懐かしい。



 高校を出たばかりの僕は、すぐに車を買って、初めて空を乗せてココまで来た。
 取り立てて何か特別な事がある訳じゃない。平日の午後に空を乗せようと大学まで迎えにいって、友人に囲まれた空をかっぱらってきた。
 細かい事はどうでもいい。ただ空が毎日僕の隣に居ないのが嫌なだけだった。高校生の頃は、毎日休み時間に喋って、放課後は一緒に帰った。ソレがいつまでも続くモノだと思っていた僕は、大学入試に失敗して浪人の身になった。
 初めて空の存在の大きさを知って、今日。気付いたら、空が通う大学の正門の前に、車を停めていた。
 走り出してすぐ、空が呆れ果てた顔をしながら、座席にもたれ掛かる。でも、ホンの少しだけ、空の眼が優しかった。
 僕は無言で車を走らせて目的地も無い、思いのままに進めていたら、目の前に海が現れてきた。
 込み上げる、むずがゆい気持ちを断ち切ろうと、車を歩道に寄せて駐停車。『空』っと、名前だけ呼んで、僕は車の屋根によじ登った。
「君ってヤツは」
 そう言って、空も屋根に登る。
 屋根の上で二人、海を眺めていたら、空が僕に言った。
「強引だな」
 僕は潮風に流されて、空の表情を伺う。
「ふふふ。怒ってなんかないさ。君にしては強引だなと、そう思っただけだ」
 高校時代から空と一緒に居るから、僕の勇気の無さが露呈して簡単に見透かされる。そんな事は無いよ、と。そう言いたかったけど、長い付き合いだから、強がった事がすぐにばれてしまう。
 だから僕は、無言で行動に出した。
 そっと空の肩を抱き、声がうわずるのを分かりながら、空に話し掛ける。
「寒くない? 空」
 空の肩は、震えていた。
「別に寒くはないが。そうだな、寒い事にしておこう」
「でも……」
 『震えているよ』僕がそう言ったら、空は『照れているだけだ、気にするな』と、僕に告げる。
「うん、分かった」
 僕は空に返す。そうして二人、海の流れるさまを、ずっと眺めていた。
 遠くを見つめると雲が早々と流れ、太陽が見え隠れする。薄暗い周りは僕と空以外、誰も居ない。
「なあ、男。今日はこの後……どうするんだ?」
 空は、波が嬉しそうに遊んでいる海を見つめ、僕に聞いた。抱いていた肩が、激しく揺れ動く。
 そうだなあ。
「海。――――行こうよ。海」
 どうしてか分からなかったけど、むしょうに海に入りたかった。恥かしいから? 分からない。でも、僕は屋根の上で靴と靴下を投げる。
 ソレを見た空は、ニヤリとしながら『しょうがないヤツだなあ』と言って、くたびれたスニーカーと紺の靴下を投げた。
 僕たちは顔を見合わせて、見つめあう。
「そうだな。行くか?」
 空は、僕を置いて勢いよく屋根を蹴って、海に向かって飛び出した。
「待てよー空!」
 グリーンの屋根を蹴って、僕も走る。
 草むらの下り坂を足早に駆ける。空はもう砂浜に、沢山の足跡をつけていて。僕が砂浜に着く頃には、空は水面に足を浸け流れる雲を眺めていた。
「空」
 僕の声に気付いて、空は振り向く。薄暗かった周りは、太陽が雲から飛び出して、束の間の時間を作る。
 瞬間的に世界は蒼と光に包まれて、海は僕たちを映し出した。
 僕の中に太陽と同じように勇気が飛び出して、束の間の時間が僕を急かして背中を押す。
 今しかない。
 空がそこに居る。スカートの裾を海に浸けて――水面が太陽に照らされ、光り輝く海の中に空が居る。
「空! 好きだ!」
 眼を細め、やわらかい表情の空に、僕は抱きついた。
 空があまりにも僕に身を委ねるから、そのまま海へ倒れ込む。
 空は水面に浮かび、僕の腕の中で遊ぶ。長い髪は扇のように広がって、キラキラと輝いていた。僕の背中に空の手がふれる。
 顔を上げて空は、僕の耳元でそっと囁いた。
「やっと言えたな」
「うん」
 力いっぱい空を抱きしめながら、力いっぱい海と戯れながら、あの頃の僕に――さよならをした。



 二人してずぶ濡れになって、誰も居ない草むらで笑顔で笑う。太陽がまた、流れる雲に覆い隠されるまで日向ぼっこ。
 少しだけ服が乾いた頃に……
 僕達は車に戻る。
 僕は窓を全開に空けて、『ありがとう海、ありがとう太陽』と叫んで、車を出した。
 隣で空は少し呆れたように、アホか。と、そう言って窓辺に肘を突いて、海を眺めていた。

  1. 2006/09/03(日) 23:38:55|
  2. 短編作品|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sucoolandpool.blog61.fc2.com/tb.php/44-8092ac69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。