FC2ブログ
こちらは、主に素直でクールな女性の小説を置いております。おもいっきし過疎ってます
創作中の作品未分類黒服日記(不定期)素直クールリンク集物書きリンク集ブログ案内思ひで作品みかん水桜。短編作品中編作品長編作品作品案内アイマス記事RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

お題記事企画

 ふと、“なんて素敵にジャパネスク”という漫画および小説を思い出しました。なんでかっていいますと、明仁天皇率いる宮廷関連の跡継ぎ騒動が新聞に載っていたからです。天皇家絡みの話題は現在、終始次男坊の文仁親王――秋篠宮様の長男愁仁親王を「さてと、さぁどうしましょうかねぇ……」と、いった具合になっているからです。
 元々秋篠宮様は次男坊なんで、天皇云々は兄貴である長男皇太子の徳仁親王に任せっきりにして、宮家なんで民間人として楽しくエンジョイしていたのに、どうして四十になってから子供を産んだのか? 自身の意見としては、やっぱ外圧掛かったんだろうなぁ、と可哀相に思っています。
 俺なんかは、妻の紀子様と柳川鍋食ったとか鯰《なまず》最高! とかテニスサークルでスマッシュ&ボレーとか、結婚当初マスコミが出逢い話しでもちきりだったので、そのイメージが悄然と残っています。紀子様のテニスウェアー姿がいまだに脳裏に焼きついていますよ。
 順当に物事が進みますと皇太子の次期後継者が、息子の愁仁親王になりそうなので、宮づけではなく天皇家入りすると、堅苦しくて秋篠宮様も辟易とするんでしょう……
 しかし、秋篠宮様当人たちも実際そのつもりでしょうから天子様の誕生ですね。終戦後天皇陛下は人間発言をなされましたが、神道では天皇は神様なので、その子供は神の子――マイエンジェル、天使様の誕生です。
 エライたいそうでドラマティックな展開ですが、現在は天使将来は天子、愁仁親王の将来が楽しみです。


 あまり興味のない宮廷の話題はこの辺りにしておきまして、どうも長々と前振りをしましたpoolです。ゴシップっぽいことを書くとするならば、皇太子の妻雅子様は、外交がしたくて嫁入りしたのに、子供が産まれなくてテンパったらしいですけどね……現在は振り込んでハコってますけど。
 紀子様は外圧とは程遠い、宮家の文仁親王と恋愛の末結婚しましたから、民間人同士の純愛を育まれた、ということですな。諸々と思考すると長田町の政治ばりに面白いことになりそうです。


 話題は戻って、なんて素敵なジャパネスクの原作者の氷室冴子なんですが、あの人の文章って結構ライトなんですよ。アニメとか漫画とか主にOVAなんかの原作も多くて、俺らの世代には密着していたり、しています。氷室冴子というと古いイメージが強いんですよ、実際古いですが。歳も四十代だったと思います。それで、大体四十代の作品なんて古くて流行じゃないよねー、とか思っていたら、なんてことはなかったです。どういうことかと……
 この前、大親友イトウちゃんが山田詠美ちゃん、ちょーお薦め! と背中を押してくれたので、早速古本屋で真新しい文庫を買ったんです、“姫君”を。この短編集はエンタ系ですが、文學に掲載されているものもあって、楽しみに読んでいたんですが、衝撃の事実を知ってしまったんです。まあ、初めから知っていましたけど。(笑)
 山田の詠美ちゃんて、もうすぐ五十なんです。「後うん年あるわよ呆け!」と怒られそうですが、四十代後半なのです。で、なにが凄いかっていうと……文章が若いんです。名を伏せて「コレ乙一ね、コレ金原ひとみね」と嘯《うそぶ》いても、誰も嘘だと気が付かないぐらい――文章が現在の文章なんですよ。
 さて問題です、そうなると新人賞狙っている人の存在価値、新人の価値はなんでしょう? って話しなんですよね。だって、一線で活動している作家は、俺らのような文章を幾らでも書けるんですから。売れるかどうかも分らない新人、育てなければならない新人を抱えるよりは、既存の作家に依頼を出せばいいわけですから。俺らは、どうしましょうか……ってことですよ。
 焦りました? 俺は結構焦りました。(苦笑)そんな若い世代の感覚で執筆できる作家、諸々挙げると限《きり》がないですが、作家陣のドリームキャストが「俺らの世代をいつでも潰せるますわよ、おほほほほ」と、ヤル気満々で挑戦者求む、と公言している現状ですよ。
 ――さあて、一体どうしましょうか……


 俺の見出した答えはありますが、秘密にしてきます。一応、あるジャンルが俺ら新人の活路になるんじゃないのかなぁ? そんな感じです。
 結構長くなりましたね。ではでは、黒服日記ウィズお題記事でした。
 お題は「ドリームキャスト」「天使」「純愛」に、なっておりました。不定期更新“黒服日記”以上です。

  1. 2006/09/26(火) 03:23:15|
  2. 黒服日記(不定期)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

コメントコメント

こんばんは。月乃守です。

記事読みましたよー。
天皇家の話題が来るとは夢にも思いませんでした。ちょっとビックリです。
天皇家の人って、いつも笑ってないといけなくて大変だなあって思ってます。
小さな子供でもお行儀良くしないといけないんでしょうね。
テレビとか見てるのかなとか、小学生が考えそうな疑問をいまだに持っています。

新人の活路はあるジャンルですか。
ふむふむ。あるジャンルというのが皆目検討も突きませぬ。(涙)
ヒントをくださると嬉しいなあ。
サービス、サービスをよろしくです。
  1. 2006/09/27(水) 19:22:45 |
  2. URL |
  3. 月乃守 #FquCCNtw
  4. [ 編集]

はじめまして。
【色鉛筆の歌】でいつも拝見させていただいてます。
思わせぶりな、あるジャンル、私も気になります(笑)

氷室冴子さんのは『なぎさボーイ』もお薦めします。
  1. 2006/09/28(木) 12:17:50 |
  2. URL |
  3. 円舞曲 #XYujrjwA
  4. [ 編集]

遊びに参りました

遊びに参りました。初めまして……少なくともここではですよね。
氷室冴子は『ざ・ちぇんじ!』を漫画版で読みました。原典は平安朝の物語文学で、内容はどうどうたる十八禁。昔っから変態野郎(もしくは女郎)はいたという事実を前にして、僕達は進歩していない人類にただただ絶望するしかありません。
まぁ、懐妊が発表されたと同時に皇室典範改正の動きはものの見事に止みましたから、男子誕生は誰も口に出さない予めわかっていた事実なのでしょう。
もしも、自分が紀子様を診察する産科医であったなら、やはり確認したいという気持ちは抑えることはできませんからね。
皇室の後継者は皇室が決めればいいとおもうのですよね。ただでさえ自由のない身分なのですから。『下々の者どもがかしこき存在にかくあるべしと強要する。おこがましいとは思わんかね?』です。
 だから、皇室報道は一歩引いてみています。国事行為を一手に引き受ける存在としてその役割を果たされたなら十分であるし、その裏にあるドロドロとしたものはフィクションの世界が担うべきものであって決してリアルの世界が表に出していいものではない! という考えを持ってます。
 話し変わって年寄り作家の話になりますけど、彼ら彼女らはその時々に関心のあることを書き散らしているのであって、それが読めるものであるのは彼らがきちんとコードを踏んでいるからでしょう。読者の集中力を切らさない術を知っているわけですよね。
 逆に言うと、それを知っていれば、身に着けていれば別に氷室氏や山田氏である必要は無いのであります。そして、それは学習可能なものだと信じております。
 では、アマチュア新人とベテランプロの間にあるものは何か? 僕の答えは雑誌社とのお付き合い。これにつきるのだと思います。ネットで小説が読める時代。おそらく数十万の氷室氏や山田氏が潜在作者として彼女たちの後ろに控えています。その一人がpool(愛)さんなのかもしれません。小説の流通は多様化し、たぶん小説一編の価値はこれから大きく下がってゆくかもしれません。
 そんな中で、僕自身は小説という殻を破った新しい創作表現が現れることを期待しているのですけどね。

 では、暇ができたらまた遊びに来ますです。


  1. 2006/09/29(金) 22:15:27 |
  2. URL |
  3. 巴々 #US77llAY
  4. [ 編集]

 遅れて参上した七海です。

天皇の話……つかみとしてはインパクトがアリスギデス!
こふぐぁ
ドリームキャストの使い方が地味にかぶってるぅ。
まあ、それはともかく作家陣が新人を潰しに掛かってくる……あ、悪夢だ。賞賛があるとすれば新人ならではの荒唐無稽な発想くらいでしょうか。

では、失礼します
  1. 2006/09/30(土) 09:22:35 |
  2. URL |
  3. 七海 司 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sucoolandpool.blog61.fc2.com/tb.php/60-5fbfb372
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。